ホーム > 育成事業 > ピアノコンクール > これまでの結果

これまでの結果

2017年 第6回野島稔・よこすかピアノコンクール 本選結果

2016年(平成28年)4月23日(土)から4月29日(金・祝)まで1週間に亘り、よこすか芸術劇場で、若いピアニストたちによる白熱した演奏が繰り広げられました。
全国から集まった66名が第1次予選に臨み、ショパン、リスト、ドビュッシー、ラフマニノフ、スクリャービン、バルトーク、プロコフィエフの練習曲を組み合わせて披露。第2次予選では24名がベートーヴェンのソナタ全楽章を演奏しました。そして、最終日の4月29日(金・祝)、選ばれた10名がリサイタル形式の本選に挑みました。

結果、第1位には鶴澤 奏さん(東京都新宿区出身、22歳)、第2位には新納 芳奈さん(鹿児島県鹿児島市出身、24歳)、第3位には尾城 杏奈さん(神奈川県横浜市出身、18歳)がそれぞれ選ばれました。入賞者3名には、賞金と賞状が授与され、来場者からはあたたかい拍手が送られていました。
今後、鶴澤さんは大劇場における「優勝者記念リサイタル」に、新納さん、尾城さんは当財団が小劇場で行っている「フレッシュ・アーティスツ from ヨコスカ リサイタル・シリーズ」にそれぞれ出演いたします。

なお、期間を通じて横須賀市内はもとより、東京ほか全国から延べ1,100名もの多くの人が来場しました。

第1位鶴澤 奏(つるさわ かなで)22歳

東京都新宿区出身 東京音楽大学4年

第1位 鶴澤 奏(つるさわ かなで)22歳

[本選演奏曲]
  • ショスタコーヴィチ
    24のプレリュードとフーガ 作品87より 第15番 変ニ長調
  • ショパン
    ポロネーズ 第7番 変イ長調 作品61 「幻想」
  • ラフマニノフ
    ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 作品36(1931年版)
[賞金]
100万円
[副賞]
優勝者記念リサイタル
2016年11月23日(水・祝)よこすか芸術劇場

第2位新納 芳奈(にいろ かな)24歳

鹿児島県鹿児島市出身 東京藝術大学大学院3年

第1位 新納 芳奈(にいろ かな)24歳

[本選演奏曲]
  • ブラームス
    ピアノ・ソナタ 第3番 ヘ短調 作品5
[賞金]
60万円
[副賞]
フレッシュ・アーティスツ from ヨコスカ
2017年4月23日(日) ヨコスカ・ベイサイド・ポケット

第3位尾城 杏奈(おじろ あんな)18歳

神奈川県横浜市出身 東京藝術大学1年

第3位 尾城 杏奈(おじろ あんな)18歳

[本選演奏曲]
  • デュティユー
    ピアノ・ソナタ 第3楽章「コラールと変奏」
  • ショパン
    幻想曲 ヘ短調 作品49
  • スクリャービン
    ピアノ・ソナタ 第5番 作品53
[賞金]
30万円
[副賞]
フレッシュ・アーティスツ from ヨコスカ
2017年7月22日(土) ヨコスカ・ベイサイド・ポケット

野島稔審査委員長の講評

66名の参加者を迎えスタートした第6回目を本日無事に終了することが出来ました。

10年前からスタートしたこのコンクールですが、最も信頼をおいている素晴らしい審査委員たちが彼らの演奏を真摯に誠実に聴いてくださり、若い人たちの将来を親身になって考えていただきました。コンクールは本来そういうべきものだと思っています。

参加者にとっては、それはきっと彼らにとって未来に大きな意味を持つ事だと自身の経験から実感しています。
本選に出場した10名はもちろん、参加者全員がコンクールの課題に取り組み立派に成し遂げたという大変貴重な体験をしたことと思います。参加者はこの経験を今後にどう生かしていくかが大切です。一度うまくいったことは決してなぞらず、常に上を求めることが大事です。

これから益々いろいろな経験を積んで自分の世界を求めて前進してほしいと思います。

前列左から野島 稔審査委員長、新納芳奈(第2位)、鶴澤 奏(第1位)、尾城杏奈(第3位)、審査委員 野平一郎 後列左から審査委員 東 誠三、若林 顕、上野 真

前列左から、野島 稔審査委員長、新納芳奈(第2位)、鶴澤 奏(第1位)、尾城杏奈(第3位)、
審査委員 野平一郎 後列左から、審査委員 東 誠三、若林 顕、上野 真

2014年 第5回野島稔・よこすかピアノコンクール 本選結果
  • 期間
    2014年(平成26年)4月23日(水)〜 4月29日(火・祝)
  • 審査委員
    野島 稔 審査委員長、神谷郁代、迫 昭嘉、野平一郎、若林 顕

第1位野上 真梨子(のがみ まりこ)23歳

千葉県市川市出身 桐朋学園大学修了

第1位野上 真梨子(のがみ まりこ)23歳

[本選演奏曲]
  • リスト
    スペイン狂詩曲
  • スクリャービン
    ワルツ 作品38
    左手のための小品より 2. ノクターン
    ピアノ・ソナタ 第5番 作品53

第2位高倉 圭吾(たかくら けいご)19歳

北海道札幌市出身 東京藝術大学2年

第1位 高倉 圭吾(たかくら けいご)19歳

[本選演奏曲]
  • フランク
    前奏曲、コラールとフーガ ロ短調
  • リスト
    巡礼の年 第2年「イタリア」 S161より
    7. ダンテを読んで~ソナタ風幻想曲~

第2位白瀬 元(しらせ つかさ)17歳

福岡県福津市出身 東京藝術大学附属音楽高等学校3年

第1位 白瀬 元(しらせ つかさ)17歳

[本選演奏曲]
  • ショパン
    舟歌 嬰ヘ長調 作品60
  • ドビュッシー
    喜びの島
  • プロコフィエフ
    ピアノ・ソナタ 第7番 変ロ長調 作品83 「戦争ソナタ」

前列左から
野島 稔審査委員長、白瀬 元(第2位)、野上真梨子(第1位)、高倉圭吾(第2位)、審査委員 神谷郁代
後列左から、審査委員 若林 顕、野平一郎、迫 昭嘉

前列左から、野島 稔審査委員長、白瀬 元(第2位)、野上真梨子(第1位)、高倉圭吾(第2位)、
審査委員 神谷郁代 後列左から、審査委員 若林 顕、野平一郎、迫 昭嘉

2012年 第4回野島稔・よこすかピアノコンクール 本選結果
  • 期間
    2012年(平成24年)4月23日(月)〜 4月29日(日・祝)
  • 審査委員
    野島 稔 審査委員長、神谷郁代、迫 昭嘉、野平一郎、若林 顕

第1位渡辺 孝太郎(わたなべ こうたろう)29歳

東京都大田区出身 桐朋学園大学院大学修了

第1位渡辺 孝太郎(わたなべ こうたろう)29歳

[本選演奏曲]
  • スクリャービン
    前奏曲 変ホ長調 作品56-1
    ハ長調 作品48-2 / 変ニ長調 作品48-3
    ハ長調 作品48-4 / ヘ長調 作品49-2
    イ短調 作品51-2 作品59-2
    作品67-1
    ピアノ・ソナタ 第9番 作品68「黒ミサ」
    詩曲「焔に向かって」 作品72

第2位冨田 楓(とみた かえで)19歳

岡山県岡山市出身 東京藝術大学2年

第2位 冨田 楓(とみた かえで)19歳

[本選演奏曲]
  • ショパン
    ポロネーズ 第7番 変イ長調 作品61「幻想」
  • スクリャービン
    ピアノ・ソナタ 第3番 嬰へ短調 作品23

第3位五味田 恵理子(ごみた えりこ)24歳

東京都大田区出身 東京藝術大学大学院3年

第3位 五味田 恵理子(ごみた えりこ)24歳

[本選演奏曲]
  • シューマン
    幻想曲 ハ長調 作品17

前列左から
野島 稔審査委員長、冨田 楓(第2位)、渡辺孝太郎(第1位)、五味田恵理子(第3位)、審査委員 神谷郁代
後列左から、審査委員 若林 顕、野平一郎、迫 昭嘉

前列左から 野島 稔審査委員長、冨田 楓(第2位)、渡辺孝太郎(第1位)、五味田恵理子(第3位)、
審査委員 神谷郁代 後列左から、審査委員 若林 顕、野平一郎、迫 昭嘉

2010年 第3回野島稔・よこすかピアノコンクール 本選結果
  • 期間
    2010年(平成22年)4月25日(日)〜 5月1日(土)
  • 審査委員
    野島 稔 審査委員長、神谷郁代、迫 昭嘉、ヴァディム・サハロフ、野平一郎、若林 顕

第1位蒲生 祥子(がもう しょうこ)26歳

大阪府藤井寺市出身 パリ国立高等音学院 修了

第1位 蒲生 祥子(がもう しょうこ)26歳

[本選演奏曲]
  • リスト
    ピアノ・ソナタ ロ短調 S.178

第2位中迫 研(なかさこ けん)16歳

兵庫県神戸市出身 桐朋女子高等学校音楽科 在学中

第2位 中迫 研(なかさこ けん)16歳

[本選演奏曲]
  • シューベルト
    ピアノ・ソナタ 第14番 イ短調 作品143 D.784
  • バルトーク
    ピアノ・ソナタ BB88/Sz.80

第3位大瀧 拓哉(おおたき たくや)22歳

新潟県長岡市出身 愛知県立芸術大学大学院 在学中

第3位 大瀧 拓哉(おおたき たくや)22歳

[本選演奏曲]
  • ムソルグスキー
    組曲「展覧会の絵」

前列左から、野島稔審査委員長、中迫 研(第2位)、蒲生 祥子(第1位)、大瀧 拓哉(第3位)、審査委員 ヴァディム・サハロフ<br>
後列左から、審査委員 若林 顕、野平一郎、迫 昭嘉、神谷郁代

前列左から、野島稔審査委員長、中迫 研(第2位)、蒲生 祥子(第1位)、大瀧 拓哉(第3位)、
審査委員 ヴァディム・サハロフ、後列左から、審査委員 若林 顕、野平一郎、迫 昭嘉、神谷郁代

2008年 第2回野島稔・よこすかピアノコンクール 本選結果
  • 期間
    2008年(平成20年)5月11日(日)〜 5月17日(土)
  • 審査委員
    野島 稔 審査委員長、若林 顕、野平一郎、迫 昭嘉

第2位(1位なし)
濵野 与志男(はまの よしお)19歳

埼玉県 所沢市 東京藝術大学 1年在学中

第2位 濵野 与志男(はまの よしお)19歳

[本選演奏曲]
  • ブラームス
    幻想曲集 作品116より
    1.カブリッチオ ニ短調
    2.インテルメッツォ イ短調
    3.カプリッチオ ト短調
  • スクリャービン
    ピアノ・ソナタ 嬰ヘ短調 作品23

第2位(1位なし)
類家 唯(るいけ ゆい)23歳

北海道 函館市 ハノーファ音楽・演劇大学 第8課程在学中

第2位 類家 唯(るいけ ゆい)23歳

[本選演奏曲]
  • J.S.バッハ
    平均律クラヴィーア曲集 第1巻より 12.ヘ短調 BWV857
  • ラフマニノフ
    ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 作品36(1913年初版)

第3位
久保 千尋(くぼ ちひろ)28歳

山口県 下関市
東京藝術大学大学院修士課程 5年在学中

第3位 久保 千尋(28)

[本選演奏曲]
  • ラフマニノフ
    楽興の時作品 16より 3.ロ短調
    ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 作品36(1931年改訂版)

前列左から、野島稔審査委員長、類家唯(第2位)、濱野与志男(第2位)、久保千尋(第3位)、審査委員 神谷郁代
後列左から、審査委員 ヴァディム・サハロフ、野平一郎、迫昭嘉

前列左から、野島稔審査委員長、類家唯(第2位)、濱野与志男(第2位)、久保千尋(第3位)、
審査委員 神谷郁代 後列左から、審査委員 ヴァディム・サハロフ、野平一郎、迫昭嘉

2006年 第1回野島稔・よこすかピアノコンクール 本選結果
  • 期間
    2006年(平成18年)5月8日(月)〜 5月13日(土)
  • 審査委員
    野島 稔 審査委員長、神谷郁代、迫 昭嘉、ヴァディム・サハロフ、田部恭子

第1位 佐藤 彦大(さとう ひろお)18歳

東京都板橋区出身 東京音楽大学1年

第1位 佐藤 彦大(さとう ひろお)18歳

[本選演奏曲]
  • リスト
    ピアノ・ソナタ ロ短調

第2位 松尾建瑠(まつお たける)20歳

東京都台東区出身 東京芸術大学3年

第3位  沼沢淑音(ぬまさわよしと)

[本選演奏曲]
  • プロコフィエフ
    ピアノ・ソナタ 第6番 イ長調 作品82「戦争ソナタ」

第3位 沼沢淑音(ぬまさわ よしと)19歳

神奈川県伊勢原市出身 桐朋学園大学2年

第1位 佐藤 彦大(さとう ひろお)18歳

[本選演奏曲]
  • ラフマニノフ
    ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ長調 作品36

下左より:審査委員長 野島稔、第3位 沼沢淑音、第1位 佐藤彦大、第2位 松尾建瑠、(財)横須賀芸術文化財団 理事長(横須賀市長) 蒲谷亮一
上左より:審査員 ヴァディム・サハロフ、審査員 田部京子、審査員 迫 昭嘉、審査員 神谷郁代

左から、野島稔審査委員長、審査委員 神谷郁代、沼沢淑音(第3位)、佐藤彦大{第1位)、松尾建瑠(第2位)、審査委員 田部京子、ヴァディム・サハロフ、迫昭嘉