横須賀芸術劇場
トップページ チケット購入 チケット情報 当日券 公演・催し物カレンダー
交通・アクセス 劇場施設・客席 座席表 利用施設のご案内 育成事業 横須賀芸術劇場合唱団 少年少女合唱隊 世界オペラ歌唱コンクール 野島稔よこすかピアノコンクール フレッシュアーティスツ ワガノワ・バレエ・アカデミー

 全国でも稀な劇場専属のアマチュア合唱団として、プロの指導者のもと、横須賀芸術劇場での練習・発表を主に活動しています。
 

劇場専属の合唱団として、1995年9月創立。96年にモーツァルト「レクイエム」(指揮:大友直人 管弦楽:東京交響楽団)でプロオーケストラと初共演し、以降、毎年12月にベートーヴェン「第九」を演奏するほか、 年1〜2回の定期演奏会において、オルフ「カルミナ・ブラーナ」、フォーレ「レクイエム」、モーツァルト「ミサハ短調」、團伊久磨「岬の墓」などの合唱曲や、レオンカヴァッロ「道化師」、ヴェルディ「椿姫」、シュトラウスU「こうもり」からのオペラコーラスなど、多くの楽曲を披露している。 2008年からは「美しき日本の歌」と題し、オリジナル編曲による歌い継ぐべき日本の楽曲の演奏にも取り組んでいる。また、歌唱だけでなく演技にも力を入れて活動しており、同年3月には、マスカーニ「カヴァレリア・ルスティカーナ」で、初めてオーケストラ(横須賀交響楽団)とのオペラ公演(指揮:北原幸男)に成功した。 現在、20代から70代の約120名が在籍しており、指揮者に梅沢一彦を迎え、音楽スタッフとして、近藤均、梶井龍太郎、平田孝二、村林徹也、松本康子、竹之内純子、高田恵子が指導にあたっている。

【活動期間】2月〜12月
【練  習】原則毎週金曜日18:45〜21:15
横須賀芸術劇場リハーサル室ほか
※公演前には土日に練習およびリハーサルを行うことがあります。
【団員募集】年1回公募による実施
【指揮者】梅沢一彦(二期会)ほか
【今後の活動】●2013年7月13日(日)
美しき日本の歌コンサート
◎これまでの活動(過去3年)
2013年(平成25年)12月 定期演奏会vol.40「第九」演奏会
2012年(平成24年)12月 定期演奏会vol.39「第九」演奏会
2012年(平成24年) 3月 定期演奏会vol.38レポート)
2011年(平成23年)12月 定期演奏会vol.37「第九」演奏会レポート)

プロの声楽家から指導が受けられ、一流演奏家との共演ができる本格的な合唱団です。
日本屈指の音響を誇るよこすか芸術劇場であなたも歌ってみませんか?

[指揮者紹介]

梅沢 一彦
 国立音楽大学音楽学部声楽学科卒業。同大学院オペラ科修了。イタリアを中心に海外で研鑽を積む。これまでに「魔笛」「椿姫」「学生王子」などのオペラやミュージカル、「第九」「メサイア」「聖チェチーリアミサ」などの演奏会に出演。
「第5回つくば音楽祭」で、メラニー・ホリデイと共演し絶賛を博した。合唱指揮としては秋山和慶、大友直人、飯森範親、グスタフ・クーンの各氏などと共演し高い評価を得る。
また東京ホームコーラスのヨーロッパ演奏旅行に同行し、パリなどの主要都市で演奏会を行った。プラハでチェコ・フィルハーモニーの元事務局長クラット氏から“プラハの春音楽祭”への招待を受ける。各地での合唱指揮や講演依頼も多く、歌い手としての活動はもとよりその活動の場は年々広がっている。二期会、日本演奏連盟各会員。
[主な音楽スタッフ紹介]

近藤 均
 国立音楽大学大学院修了。大学院在学中、ロッシーニ「婚約手形」の主役トビア役に抜てきされてオペラデビュー。82年、第30回文化放送音楽賞受賞。以後「ドン・ジョヴァンニ」(レポレッロ役)などのモーツァルト作品や小澤征爾指揮の「サロメ」「トスカ」にも出演している。そのほかにも「ウィンザーの陽気な女房達」「愛の妙薬」「セヴィリアの理髪師」「蝶々夫人」など多くのオペラに出演、また「こうもり」など多数のオペレッタ作品にも出演している。近年は新国立劇場で「魔笛」(パパゲーノ役)と「カルメン」を好演、そして一昨年は「フィガロの結婚」(フィガロ役)に出演している。オペラ以外にもバッハ「マタイ受難曲」などの宗教曲から現代曲まで多くのレパートリーを持ち、また、放送関係やミュージカルなどでも活躍中である。二期会会員。 二期会オペラ・ストゥーディオ講師、玉川大学芸術学科・東海大学芸術学科講師。

梶井龍太郎
  国立音楽大学声楽科卒業。東海大学大学院芸術学研究科修了。大学院在学中、文部省給費留学生として渡独し、1990年ベルリンフンボルト大学哲学科博士課程を修了。ベルリン新人音楽コンクールに入選し、ベルリン国立歌劇場研究生を経てメクレンブルク州立劇場専属テノール歌手となり7年間の在籍中にタミーノ、フェランド、ベルモンテ、フェントン等の幅広いレパートリーでベルリン、ハンブルク、フランクフルト、ハレ、アテネ、エルサレムなどヨーロッパ各地のオペラ劇場に客演した。著名オーケストラとの共演や、テレビ、ラジオの放送も数多い。また、現在は東海大学芸術学科、同大学院芸術学研究科教授として後進の指導にあたるほか、美しい声を持つリリックテノールとして各地でオペラ、コンサートに出演し、年々その活動の場を広げている。合唱指導者としても第九、宗教曲など多くの合唱団の指導を行なっているが、特にドイツ語の作品の指導では、高い評価を受けている。