横須賀芸術劇場−公演情報

ヨコスカ ジャズ ドリームス2012

2012年7月28日(土) 16:00開演

よこすか芸術劇場

  • S席:5,500円
  • A席:3,500円
  • 立見:2,000円
  • 友割あり
  • 学割あり
  • 託児サービスあり
  • ※インターネットでの受付はS、Aのみ ※未就学児童は入場できません。

チケット購入

この夏、どこまでも熱い横須賀ジャズ!

今年のジャズドリームスは“じっくり”“たっぷり”とお聞きいただけるラインアップ。常に進化を続ける世界的トランペッター日野皓正が、話題の若手演奏家やカリスマDJのhondaと結成した新ユニットで登場!クラブ・ミュージックとフリー・ジャズを融合させたアグレッシブかつエキサイティングなステージを展開します。一方、名サックスプレーヤーMALTAが、ビックバンドを率いて7年ぶりに登場!アンサンブルを重視したゴージャスなアレンジと演奏で極上のエンターテインメントをお贈りします。さらにゲストには、阿川泰子、松永貴志、川嶋哲郎を迎えます。熱いステージにご期待ください。

  • ヨコスカ ジャズ ドリームス
  • ヨコスカ ジャズ ドリームス
ヨコスカ ジャズ ドリームス2012チラシ

公演概要

■出演

日野皓正 h FACTOR

MALTA ジャズ・オーケストラ
ゲスト:阿川泰子(vo)/松永貴志(pf)/川嶋哲郎(ts)

■司会

石尾和子

■総合プロデュース

門松オフィス 門松 孝

■チケット発売開始

2012年4月28日(土)

■チケット取扱

横須賀芸術劇場

 インターネット

 電話予約センター 046-823-9999

 窓口  芸術劇場1階・サービスセンター内/
     横須賀中央駅西口モアーズシティ1階・モアーズストリート

電子チケットぴあ http://pia.jp/t/ [Pコード164-434]

イープラス    http://eplus.jp/

ローソンチケット http://l-tike.com/ [Lコード71191]

■お問合せ

横須賀芸術劇場 046-828-1602

■主催

公益財団法人横須賀芸術文化財団

■協賛

株式会社むらせ

出演者プロフィール

日野皓正 h FACTOR  Terumasa Hino
日野皓正

日野皓正(tp)、矢野沙織(as)、小沼ようすけ(g)、石井 彰(pf)、Penny-K(key)、日野JINO賢二(eb)、須川崇志(b)、田中徳崇(ds)、dj honda(dj)

ジャズ ドリームスには87年の第1回以来たびたび出演している世界的トランぺッター 日野皓正。60年代には“ヒノテル”ブームで注目を集め、70年代にはNYに移住して活動、国内外のツアーやフェスティバルへの出演、89年にジャズの名門レーベル“blue note” と日本人初の契約アーティストとなるなど、常に最前線で活躍。近年は「アジアを一つに」という自身の夢のもと、日本を始めとするアジア各国での公演の他、チャリティー活動や更新の指導にも情熱を注ぐ。今回のユニットでは、息子の賢二を含む魅力的な若手メンバーに加え、伝説ともいわれる世界的DJのhondaが参加。彼らが作りだす音楽は、とてつもなく、エネルギッシュで自由、そして聴き手に沢山のパワーを送ってくれることだろう。

MALTA ジャズ・オーケストラ 
MALTA

MALTA(sax ,Conducter) 、金城寛文(as)、萱生 昌樹(as)、佐藤 達哉(ts)、竹野昌邦(ts)、 竹村直哉(bs)、鈴木正則(tp)、高瀬龍一(tp)、菊地成浩(tp)、小林正弘(tp)、Fred Simmons(tb)、池田 雅明(tb)、Pat Hallaran(tb)、堂本雅樹(b.tb)、ジーン重村(ds)、鳥越 啓介(bs) 三木 成能(pf)、岩見淳三(g)

バークリー音楽院卒業後、米国内で活躍し、帰国後はそれまでの日本のフュージョン系にはないオリジナルな“MALTAサウンド”が高く評価され、TV-CF等を中心に瞬く間にその名を浸透させたMALTA。ジャドリームスでもそのハッピー・サウンドは大人気だが、2011年満を持して長年の夢であったビッグバンドを結成、昨年1月のコットンクラブ「MALTA JAZZ BIG BAND」結成スペシャルコンサートは、話題を呼んだ。グレンミラー、トミー・ドーシー、ウディー・ハーマン、カウント・ベイシー、デューク・エリントンなど往年のビッグバンド・ジャズや映画にもなった楽しいジャズを今日でも継続させていきたいという考えのもと、選りすぐりのメンバーが集まり、こだわりのアレンジに新たなサウンドで熱気あふれた楽しいライブが展開される。

阿川泰子(vo) Yasuko Agawa
阿川泰子

国内の女性ジャズヴォーカルの第一人者として、スタンダードの作品はもちろんのこと、コンテンポラリーなアプローチの作品や、ラテンやボサノヴァに焦点を当てたアルバムをリリースしたり、様々なジャンルのアーティストと共演するなど30年以上に亘り常にジャズのリスナーの幅を広げている。スウィートでメロウな歌声と華のあるエレガントなステージはやはりこの人ならでは。3年ぶりの登場に期待が高まる。

松永貴志(pf) Takashi Matsunaga
松永貴志

13歳でジャズピアノの巨匠、ハンク・ジョーンズ氏に「ずば抜けた」演奏と絶賛され、2003年17歳でメジャーデビュー、翌年にNYブルーノート・レーベル史上、最年少のリーダー録音記録を樹立。昨年デビュー10周年を迎え、大阪シンフォニーフォールで行われた記念ライブでは異例の1700人を動員し、大成功を収める。オーケストラとの共演や斬新なコラボレーション、コンポーザーとしても確実に幅を広げている。

川嶋哲郎(ts) Tetsuro Kawashima
川嶋哲郎

自身のカルテット、ソロ、デュオなどで国内でのライブほか、アフリカや欧米などでも、精力的に活躍をする。特にライフワークとするソロ活動では、ジャズ本来の即興演奏を活かしたステージが好評の人気プレイヤー。昨年開いたジャズと俳句を統合した「Jazz句会」ではジャズプレイヤーの枠を大きく越え、日本人即興音楽家としてますます注目を集めている。