横須賀芸術劇場−公演情報

リーディングドラマ
楢山節考
作:深沢七郎 演出:青井陽治

2013年6月9日(日) 14:00開演

ヨコスカ・ベイサイド・ポケット

  • S席:4,500円
  • A席:4,000円
  • 友割あり
  • 学割あり
  • 託児サービスあり
  •  未就学児童は入場できません

美川憲一の新境地!名作を読む、母を語る、そしてあの名曲を歌う―

デビュー49年目を迎えるベテラン歌手・美川憲一の新たなライフワークとして注目の朗読公演「楢山節考」が、いよいよ横須賀に登場します。

老いとは、死とは、生命とは何か―。

姥捨山を題材に、命の尊さを描いた近代日本文学の名作が、新たにリーディングドラマとして甦りました。高齢化社会の今だからこそ意味のある作品を、尺八の生演奏と共に語り、生命の尊厳を訴えます。朗読後は、「わが母を語る」というテーマでトークもあり、さらに名曲「生きる」を歌い上げます。

楢山節考チラシ

公演概要

■朗読

美川憲一

■尺八演奏

松村湧太

■チケット発売開始

2013年2月25日(月)

■チケット取扱

横須賀芸術劇場

 インターネット

 電話予約センター 046-823-9999

 窓口  芸術劇場1階・サービスセンター内/
     横須賀中央駅西口モアーズシティ1階・モアーズストリート

イープラス    http://eplus.jp/

ローソンチケット http://l-tike.com/ [Lコード34425]

■お問合せ

横須賀芸術劇場 046-828-1602

■主催

公益財団法人横須賀芸術文化財団

■企画・制作

アーティスト・ジャパン

出演者プロフィール

美川憲一 Kenichi Mikawa
美川憲一

1946年長野県諏訪市生まれ。1965年に歌手デビューし、翌年発売した「柳ヶ瀬ブルース」でミリオンセラーを記録。その後も「新潟ブルース」、「釧路の夜」、「さそり座の女」などヒット曲も多数。近年はシャンソンにも取り組んでおり、毎年シャンソンコンサートを開催、アルバムもリリースするなど、精力的に活動している。

松村湧太 Yuta Matsumura
松村湧太

8歳よりピアノ、12歳より尺八、16歳より声楽を始める。現在は尺八奏者として、古典から現代曲、ソロ演奏から室内楽まで様々な演奏活動を行うだけでなく、テノール歌手、ピアニストとしても幅広く活動している。東京藝術大学尺八専攻在学中。