ホーム > お知らせ

Topics

2020.09.28 お知らせ

★重要★ 横須賀芸術劇場の営業および新型コロナウイルス感染症防止対策の取り組みと来場者の皆様へのお願い 2020.9.28更新

 新型コロナウイルス感染症拡大防止に関連して、9月19日から11月末日までのイベント等の収容率及び人数上限の制限緩和方針が国から発表されましたが、当劇場では、来場者の皆様の安心・安全を優先するため、当面の間、現在の制限(固定席の50%以下)を継続することといたします。

 新型コロナウイルス感染防止対策のため、ご利用の皆さまにはご不便をお掛けいたしますが、ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。
 なお、対策の内容は、今後の感染状況や、国、県、市の方針で変更する場合があります。

●営業について
●新型コロナウイルス感染症防止対策の取り組みと来場者の皆さまへのお願い
●新型コロナウイルス感染症防止対策と施設利用者の皆さまへのお願い

営業について

☆大劇場、小劇場、大小リハーサル室
 感染防止対策を講じた上で利用可能となります。
☆劇場1F劇場サービスセンター(チケット、施設利用受付)
 10:00~19:00
 *横須賀中央西口モアーズシティのチケットセンターは感染防止のため、引き続き臨時休業いたします。

横須賀芸術劇場の新型コロナウイルス感染症防止対策の取り組みと来場者の皆さまへのお願い

 横須賀芸術劇場は、皆さまが安全にご利用いただけるよう感染防止対策を講じて参ります。
 ご利用の皆さまには、来場時のマスク着用、および社会的距離(可能な場合2m、最低でも1m)の確保などにご協力をお願いします。

○来場者の皆さまへのお願い
◆来場時はマスクの着用及び事前の検温、手洗い、手指の消毒をお願いいたします。
◆以下の場合は、ご来場をお控えください。
 ・発熱又は風邪の症状がある場合や体調がすぐれない場合
 ・同居家族や身近な知人の感染が疑われる場合
 ・新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した方との濃厚接触がある場合
 ・過去14日間以内に感染が拡大している国・地域への渡航並びに当該国、地域の在住者との濃厚接触がある場合
◆館内では、備え付けの消毒液による手指の消毒にご協力ください。
◆館内では、咳エチケット、マスク着用にご協力ください。
◆サービスセンター、ガレリア(劇場正面入り口前)、エスカレーター、館内ロビー、客席などでは、社会的距離の確保をお願いします。
◆エレベーターの使用では、人数制限と『車椅子・お身体の不自由な方』の優先利用にご協力ください。
◆スタッフのマスク、手袋、フェイスシールドの着用、窓口の飛沫感染防止シートの設置、支払いの際の会計用トレイの使用について、ご理解をお願いします。

○感染防止対策の取り組み
 以下について徹底して行います。
◆スタッフの体調管理(検温等)と発熱者の自宅待機
◆スタッフのマスク着用および手洗い、手指の消毒の徹底
◆飛沫感染防止シートの設置と接客スタッフのフェイスシールド着用
◆館内空調および換気
◆館内の扉、手すりなどの除菌消毒
◆エレベーターの『車椅子・お身体の不自由な方』優先運用
◆コインロッカーの使用中止、クローク、飲食カウンターの営業中止、託児サービスの中止


横須賀芸術劇場の新型コロナウイルス感染防止対策と施設利用者の皆さまへのお願い

 横須賀芸術劇場の施設利用にあたっては、これに沿った対応をお願いいたします。そして、関係者全員に周知、徹底をお願いいたします。なお、対策内容は、今後の感染状況や、国、県、市の方針により改訂を行うものとします。

◇施設ご利用にあたって遵守していただきたい事項◇
【共通感染予防対策】 ※関係者、来場者など施設利用者全ての方に該当します。
・ 37.5℃以上の発熱がある方、咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、眼の痛みや結膜の充血、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐など、体調がすぐれない方はご来館をご遠慮ください。
・ 新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある方、過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域への訪問歴及び当該在住者との濃厚接触がある方は、ご来館をご遠慮ください。
・ ご来館前の検温、マスク着用、手洗、手指消毒の徹底をお願いいたします。
・ 三密(密閉・密集・密接)を防ぐ対策をお願いいたします。
・ 施設内の空調は、劇場の空調システムにおいて外気を取り入れて常時換気を行っているため、停止することはできません。

【感染経路対策】
・ 主催者は、主催関係者、出演者、来場者の氏名及び連絡先を把握し、名簿を作成してください。必要に応じて保健所等の公的機関へ提出され得ることを対象者へ事前周知してください。
・ 神奈川県LINEコロナお知らせシステムに施設管理者として登録しております。主催者様の同システムへのイベント登録及び、来場者の皆さまへ来場記録の登録をお願いいたします。

【施設入退館及び楽屋口】
・ 主催関係者、出演者の入退館は楽屋口からとし、社会的距離を確保してください。
  検温、手指消毒を行っていただき、検温結果が37.5℃以上あった場合は、ご入館をお断りいたします。
・ 出演者への楽屋訪問、差し入れ、プレゼント等の管理も主催者が行ってください。
・ 入待ち、出待ちがおこらないよう対策を行ってください。

【搬入・搬出】
・ 全員原則としてマスクを着用してください。フェイスシールドの着用は任意とします。
・ できる限り、密集、密接の状況を作らないようにしてください。
・ 工具やヘルメットの共用は避けてください。
・ 作業指示に当たっては、大声での発声を必要最小限にするよう心掛けてください。
  但し、危機回避のための声掛けは、通常どおり行ってください。
・ 機材の受け渡し等、対面での作業や打合せ時は、飛沫や接触に注意を払ってください。
・ 休憩中もマスクを着用し、会話は控えてください。
・ 熱中症対策として水筒持参、ペットボトル飲料の個別支給等をご検討ください。
・ 手指消毒や手洗をこまめに行ってください。
・ 消毒に必要な消毒液は主催者が用意してください。

【舞台】
・ スタッフ、出演者共に手指消毒等感染防止対策を徹底してください。
・ 舞台袖など各所に消毒液を設置してください。
・ 全員原則としてマスクを着用してください。フェイスシールドの着用は任意とします。
  出演者も舞台演出に影響しない範囲でマスクを着用してください。
・ リハーサル時や本番時、劇場舞台スタッフはフェイスシールドを着用する場合がございますが、御了承ください。
・ 仕込み、リハーサル、撤去等において、十分な時間を確保し、密集、密接を避けるよう努めてください。
・ トランシーバー、インカムなどは消毒を挟まない限り、使用者を一人とし、共用は避けてください。
・ マイクは出演者ごとに用意し、使い回しはしないでください。がなりマイクも同様です。
・ 演出卓、照明卓、音響卓などに並んで座る場合にも、社会的距離を確保してください。
・ 不特定多数の方が接触する箇所は、消毒をこまめに行ってください。
・ 演奏、演技において大声での発声、歌唱、呼気が激しくなるような動作が想定される利用、出演者同士の間隔を十分に確保できない利用はご遠慮ください。
・ 管楽器の演奏等については、飛沫飛散等に注意し、唾受けを用意してください。
・ 来場者と接触するような演出(声援を煽る、来場者をステージに上げる、ハイタッチをする等)は行わないでください。
・ ピアノ演奏については、ピアノ自体に消毒液を使用することはご遠慮ください。演奏者が使用前及び使用後に手指消毒を行ってください。
・ 舞台上での記念撮影については、密集、密接を回避し、会話を控え、短時間で行ってください。
・ 消毒に必要な消毒液は主催者が用意してください。
・ 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、マイクの使い回し禁止や出演者同士の間隔を確保するためにオーケストラピットを舞台面で使用するなど、止むを得ず使用備品が増える分の使用料はいただきません。
・ 使用後の備品は、原則として劇場スタッフが消毒いたします。
  但し、連日使用、同日複数団体使用などのように、消毒の時間が限られてしまう場合は、主催スタッフの協力を依頼することがございます。
・ 舞台上の出演者への対策については、【クラシック音楽公演における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(クラシック音楽公演推進協議会)】【劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(公益社団法人全国公立文化協会)】についても参考にしてください。

【客席】
・ 来場者は固定席の50%以下とし、ソーシャルディスタンス座席表を参考に間隔を空けてください。
よこすか芸術劇場 大劇場/887席
 
ヨコスカ・ベイサイド・ポケット 小劇場/266席(舞台の形態、大きさで変わります)
 

・ 客席最前列は舞台先端から、十分な距離を確保してください。
・ 立見エリアでの鑑賞は禁止としてください。
・ 大声での歌唱や声援、近接会話は避ける対策を講じてください。
・ 開場時、休憩時は客席扉を開放し、換気を行ってください。
・ 来場者が入らない階層は、本番中も可能な限り客席扉を開放してください。
・ 同日に複数回公演を実施する場合は、公演の間に消毒に必要な時間(来場者が退館してから最低1時間)を確保してください。
・ 終演後、劇場清掃スタッフが客席やドアノブ、手摺の消毒を行いますので、来場者の速やかな退席にご協力ください。

【会場出入口】

・ 事前に余裕を持った入場時間を設定し、券種やゾーンごとの時間差での入場、開場時間前倒し等の工夫を行い、入場列の長時間滞留を避けてください。
・ 入場列は、会場出入口付近の劇場設置マークを基本とし、前後左右1m~2mの間隔を空けて整列し、来場者が密集しないように工夫してください。
・ 入場列の整理要員は主催者が用意し、混乱を回避するために適切に配置してください。
  公演の規模により変動いたしますが、4階ガレリア4名、エスカレーター付近2名、3階フロアほか4名、合計10名配置。更に列が伸びる場合はプラスαの人員を配置してください。
・ 整理要員は、全員原則としてマスクを着用してください。フェイスシールドの着用は任意とします。
・ 複合施設の為、他店舗周辺での密集回避も行ってください。
・ エスカレーターは3段間を空けて乗るよう指示してください。
・ 入退場口に手指消毒液を設置してください。
・ 消毒液は主催者が手配してください。
・ 来場者を対象に検温を行ってください。
  検温器は主催者にてご用意ください。
  短時間に多数の来場者を確認できるサーモグラフィーの使用を推奨します。
  なお、劇場所有のサーモグラフィーの利用を希望される場合は、別途お問合せください。
・ サーモグラフィー使用時は1台につきモニター監視スタッフ1名、声掛けスタッフ1~2名が必要となります。
  サーモグラフィーで発熱を検知された場合には該当者を別室へ案内し、主催者が用意した電子体温計にて再度検温をお願いいたします。
  検温により37.5℃以上であった場合は入館をお断りください。
・ チケットをもぎる際は、マスクや手袋を着用してください。
  主催者の目視による確認など、直接チケットに触れないことを推奨します。
・ パンフレット、チラシ、アンケートなどは、手渡しを避けてください。
・ 終演時も券種やゾーンごとの時間差での退場、誘導を工夫し、人の滞留を回避してください。

【ロビー】
・ 事前に余裕を持った時間を設定し(休憩時間の確保など)、トイレ等の混雑を緩和してください。
・ 誘導スタッフは、全員原則としてマスクを着用してください。フェイスシールドの着用は任意とします。
・ 物販、トイレ等は、1m~2mの間隔を空けた整列を促してください。
・ 物販等を行う際には飛沫感染防止シートの設置や支払いの際の会計用トレイの使用等の対策を行ってください。
  スタッフについてもマスクの着用、手洗、手指消毒を行ってください。
・ 多くの人が触れるようなサンプル品、見本品は取り扱わないでください。
・ 使用する椅子や机などの備品はこまめに消毒を行ってください。
・ ドアノブや手摺など不特定多数が触れやすい場所の消毒にご協力ください。
・ コインロッカー、水飲み場の使用は禁止としてください。
・ 密閉、密集、密接の回避は主催者スタッフが責任をもって対応してください。
  特に記念撮影など、主催者が管理出来ない場合は撮影を中止していただきます。
・ 来場者が入らない階は、ロビー封鎖を条件に、ロビーの窓の開放を許可します。
  その場合、来場者の年齢層により、主催スタッフに見張り要員を依頼する場合がございます。(各階1~2名)

・ 終演後、使用した備品は劇場スタッフ・劇場清掃スタッフが消毒を行いますので、使用状態のままとしてください。

【楽屋】
・ 各楽屋の使用は定員数の50%以下としてください。
・ 扉は開けたままにして、換気を行ってください。
・ 使用楽屋と楽屋階廊下、休憩スペースを有効活用し密集を避けてください。
・ シャワー室の使用は禁止としてください。
・ 楽屋内のロッカーは一部使用禁止となります。
・ 使用楽屋間の机や椅子の移動、増設はご遠慮ください。
・ すべての食事は1回分ずつ分けて配布してください。
  ビュッフェ形式での食事提供はしないでください。
・ すべての飲み物は1回分用の容器に入ったボトルや缶で提供してください。
・ 使用する椅子や机などの備品は定期的に消毒を行ってください。
・ 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、楽屋を多く使用する又はリハーサル室を控室として止むを得ず使用する場合、増える部屋の使用料はいただきません。
・ 感染リスクの高いゴミ(使用済みマスク、除菌シート・ティッシュ、割り箸、弁当ゴミ等)は、ゴミ袋の口をしっかり縛ってください。
・ 退館に向けて、使用した備品はそのままの状態としてください。
  劇場スタッフ・劇場清掃スタッフが消毒を行います。

【リハーサル室】
・ 控室として使用いただけます。
・ シャワー室、コインロッカーの使用は禁止としてください。
・ ロッカーは更衣室内も含め、一部使用禁止とします。
・ 更衣室の使用は同時に3人までとし、会話は控えてください。

*その他、ご不明な点は、施設管理課へご相談ください (TEL:046-828-1611)