公演・イベント情報 Event Information

オーケストラ 主催
チケット

野島 稔 メモリアル・コンサート 第1回 ピアノ協奏曲

2024年 5月3日 (金・祝) 15:00開演 (14:15開場)

よこすか芸術劇場

S席:6,000円A席:5,000円B席:4,000円学生(24歳まで):2,000円2公演セット券(S):9,500円2公演セット券(学生、24歳まで):2,500円

会員割

※未就学児童は入場できません。 託児

※発売初日の窓口販売は11:00からです。
※2公演セット券はインターネットでのお取扱はありません。

横須賀が生んだ世界的ピアニスト野島 稔 氏に捧ぐ

日本を代表する国際的ピアニスト野島 稔 氏(1945-2022)。ピアノ音楽の真髄を伝える演奏家として知られ、後年は東京音楽大学の学長として後進の育成にも尽力し、現在世界で躍進中の若手ピアニスト・藤田真央を育てたことでも知られています。
横須賀芸術劇場には1995年からリサイタルや協奏曲で15回出演し、2006年からは自身の名を冠した「野島 稔・よこすかピアノコンクール」の審査委員長として優秀な若手ピアニストの発掘と育成に尽力されました。
このたび音楽界に多大な功績を残された野島氏に敬意を表し、横須賀芸術劇場にて2回にわたり「野島 稔 メモリアル・コンサート」を開催します。
「野島 稔・よこすかピアノコンクール」の入賞者・入選者や野島氏が信頼を置いていた審査委員10名が集い、亡き野島氏を偲んで奏でるピアノ音楽は一期一会の特別な機会となることでしょう。

出演

指揮:高関 健
管弦楽:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

野上真梨子(第5回コンクール 第1位)
  モーツァルト ピアノ協奏曲 第27番 変ロ長調 K.595  

小井土文哉(第6回コンクール 入選)
  ラフマニノフ ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 Op.18    

若林 顕(第3回~第6回コンクール 審査委員)
  プロコフィエフ ピアノ協奏曲 第2番 ト短調 Op.16

伊藤 恵(第8回~第9回コンクール 審査委員)
  ベートーヴェン ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 Op.73 「皇帝」

出演者プロフィール
指揮 Conductor:高関 健 Ken Takaseki

高関 健 Ken Takaseki
K.Miura

国内主要オーケストラで重職を歴任し、現在東京シティ・フィル常任指揮者、仙台フィル常任指揮者、富士山静岡交響楽団首席指揮者。サンクトペテルブルグ・フィル定期演奏会など海外への客演も多く、世界的ソリストや作曲家、特にマルタ・アルゲリッチからは3回の共演を通じて絶大な信頼を得る、緻密なスコア分析からスケールの大きな音楽を作りだす名匠。
新国立劇場での團伊玖磨「夕鶴」、ストラヴィンスキー「夜鳴きうぐいす」、チャイコフスキー「イオランタ」、2019年にはウラジオストクとサンクトペテルブルグでも「夕鶴」を指揮するなど、オペラでも高評価を得る。
第50回サントリー音楽賞受賞。

ピアノ Piano:野上真梨子 Mariko Nogami

野上真梨子 Mariko Nogami
Shigeto Imamura

千葉県出身。第8回青少年ショパン国際ピアノコンクール(ポーランド)日本人初の第1位。第16回、第17回ショパン国際ピアノコンクール(ポーランド)ディプロマ。第5回野島稔・よこすかピアノコンクール第1位。アルトゥール・シュナーベルコンクール(ドイツ)第2位。2018, 2020年度ロームミュージックファンデーション奨学生。 桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部を共に首席で卒業。ベルリン芸術大学大学院修了、同大学で国家演奏家資格を取得。2021年度より桐朋学園大学音楽学部弦楽器部会嘱託演奏員。これまでに下田幸二、高橋多佳子、野島 稔、ビョルン・レーマンの各氏に師事。

ピアノ Piano:小井土文哉 Fumiya Koido

小井土文哉 Fumiya Koido
Kei Uesugi

第87回日本音楽コンクール、第15回ヘイスティングス国際ピアノ協奏曲コンクール(イギリス)をはじめ、国内外の多数のコンクールで優勝を果たす。2022年、英ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団のソリストとして英国ツアーを行い好評を博した。 国内では読売日本交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、日本センチュリー交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団等と共演。桐朋学園大学音楽学部を首席で卒業。桐朋学園ソリストディプロマコースを経て、イタリア・イモラ音楽院を修了。現在同音楽院ポスト・ディプロマコースに在学中。ボリス・ペトルシャンスキー、  須田眞美子の両氏に師事。

ピアノ Piano:若林 顕 Akira Wakabayashi

若林 顕 Akira Wakabayashi
Burkhard Scheibe

ベルリン芸術大学などで研鑽を積む。20歳でブゾーニ国際ピアノ・コンクール第2位、22歳でエリーザベト王妃国際コンクール第2位の快挙を果たし、一躍脚光を浴びた。N響やベルリン響、サンクトペテルブルク響といった国内外の名門オーケストラやロジェストヴェンスキーら巨匠との共演、国内外での音楽祭、室内楽やソロ・リサイタル等、現在に至るまで常に第一線で活躍し続けている。サントリーホールや東京芸術劇場でのソロ・リサイタルのほか、「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全曲シリーズ」(3回)、「ショパン:ピアノ作品全曲シリーズ」(全15回)を行った。第3回出光音楽賞、第10回モービル音楽賞奨励賞、第6回ホテルオークラ賞受賞。

ピアノ Piano:伊藤 恵 Kei Ito

伊藤 恵 Kei Ito
武藤 章

83年第32回ミュンヘン国際音楽コンクールで日本人初の優勝。サヴァリッシュ指揮バイエルン州立管と共演し、ミュンヘンでデビュー。ミュンヘン・シンフォニカ、フランクフルト放送響(現hr響)、ベルン響、チェコ・フィルの定期公演に出演。日本ではN響をはじめ、各オーケストラと共演。録音はシューマン・ピアノ全曲録音他多数。「シューベルト ピアノ作品集6」が15年度レコード・アカデミー賞(器楽部門)、第70回文化庁芸術祭賞を受賞。最新盤は「ベートーヴェン ピアノ作品集2」(フォンテック)。93年日本ショパン協会賞、94年横浜市文化賞奨励賞受賞。現在、東京藝術大学教授、桐朋学園大学特任教授。

:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

1975年設立。現在、常任指揮者に高関健、首席客演指揮者に藤岡幸夫、桂冠名誉指揮者に飯守泰次郎を擁し、定期演奏会のほかオペラ、バレエ、テレビ出演、CD録音までその活動は多岐にわたる。1994年から東京都江東区と芸術提携を結び、ティアラこうとうを主な拠点として定期演奏会をはじめ各種コンサートや区内小学校へのアウトリーチ活動など地域に根ざした音楽文化の振興を目的に幅広い活動を行っている。2021年5月には桂冠名誉指揮者飯守泰次郎の傘寿記念として「ニーベルングの指環」ハイライト特別演奏会(演奏会形式)を開催。コロナ禍での開催ながら、海外から世界最高峰のワーグナー歌手陣を招き大成功を収め、2022年8月に第30回三菱UFJ信託音楽賞を受賞。

チケット

インターネットでのお求め

プレミアム倶楽部

プレミアム倶楽部ご案内
会員販売
2024年1月20日(土)〜 2024年5月3日(金)

会員販売購入

一般

一般販売
2024年1月21日(日)〜 2024年5月3日(金)

一般販売購入

電話/窓口でのお求め

電話
電話予約センター 046-823-9999
プレミアム倶楽部専用ダイアル 046-823-7999
窓口
芸術劇場1階・サービスセンター内

お問い合わせ

横須賀芸術劇場 046-828-1602

主催 公益財団法人横須賀芸術文化財団
共催 横須賀市
協賛 かながわ信用金庫/京浜急行電鉄株式会社
協力 スタインウェイ・ジャパン株式会社/有限会社ピアノ・トレボ社/株式会社オクターヴ/奈良文化センター 音楽教室