公演・イベント情報 Event Information

その他伝統芸能 主催

【公演中止】 鼓童×ロベール・ルパージュ〈NOVA〉プレビュー公演 ☆1☆

2020年 5月14日 (木)   

よこすか芸術劇場

全席指定:5,000円ペア:9,500円

学割会員割

※未就学児童は入場できません。 託児

※学割、会員割は、ペアは対象外です。
新型コロナウイルス感染症拡大に伴う創作への影響および感染症拡大防止のため、当劇場でのプレビュー公演を含め、予定していたツアー全てをやむをえず中止させていただくこととなりました。楽しみにされていたお客さまにおかれましては、誠に残念ではございますが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。
払い戻し方法
NOVAー特設ページこちら

”音をみろ” 太鼓と創造力が作り出す、新・視聴体感芸術

太鼓芸能集団・鼓童とシルク・ドゥ・ソレイユ「トーテム」を手掛けた”映像の魔術師”ロベール・ルパージュ氏が出会い、生み出す新たな舞台〈NOVA〉がこの5月に世界初演。横須賀では、それに先駆け2日間にわたり”プレビュー公演”を上演します。
この作品は、日本文化と最先端ビジュアルテクノロジーが融合し、映像や光、演者の動きをプログラミングして”音を見る”=サイマティクス(音や振動の可視化)新・視聴体感芸術。プロジェクション・マッピングではなく、太鼓の音に合わせて、打ち手の生のリズムにテクノロジーが反応。音から動きが起こり、繋がり、物語が構築されていく・・・。人間本来の根源的なものを表現しながら、人が生きる上で忘れてはいけない希望や夢など「目には見えにくいもの」を表現します。
”音はみえない”だからこそ”無限”の世界が見えてくる。目で、耳で、全身で、感じてください。

出演

鼓童

演出:ロベール・ルパージュ

出演者プロフィール
:鼓童 KODO

鼓童 KODO

佐渡島を拠点に、太鼓を中心とした伝統的な音楽芸能に無限の可能性を見いだし、現代への再創造を試みる集団。1981年、ベルリン芸術祭でデビュー。以来50の国と地域で6,500回を越える公演を行う。劇場公演のほか、小中高校生との交流を目的とした「交流学校公演」や、国際芸術祭、映画音楽等へ多数参加。坂東玉三郎、石川さゆり、ブルーマン、初音ミクなど多数のアーティストと共演。2019年には中国ツアーをおこなう。

:ロベール・ルパージュ Robert Lepage

ロベール・ルパージュ Robert Lepage

ロベール・ルパージュは、演出家、脚本家、俳優、映画監督としても大成をおさめている。演劇に対するクリエイティブで独創的なアプローチにより世界的な賞賛を得、特に新たなテクノロジーを駆使することで古典的な舞台演出の概念を根本から揺るがした。著名な舞台作品としては、『ドラゴンズ・トリロジー』、一人芝居である『887』、オペラ作品『ファウストの劫罰』、マルチメディア作品においては『The Library at Night』、そしてシルク・ドゥ・ソレイユの『KÀ』及び『トーテム』などがある。

お問い合わせ

横須賀芸術劇場 046-828-1602

主催 公益財団法人横須賀芸術文化財団/KODO NEW BEAT VISION PROJECT 実行委員会
後援 カナダ大使館/ケベック州政府在日事務所
特別協力 読売新聞社
製作協力 Ex Machina
協力 KAAT神奈川芸術劇場/フェニーチェ堺
企画・製作・著作 株式会社北前船