ホーム > 育成事業 > ピアノコンクール > 野島稔よこすか・ピアノコンクールについて

コンクールについて

野島稔よこすか・
ピアノコンクールについて

本コンクールは、横須賀市制100周年を記念し2006年に創設しました。審査委員長に横須賀市民である世界的ピアニストの野島稔氏を迎え、日本国内の若く才能あるピアニストの発掘と育成および音楽文化の普及と振興を目的として公益財団法人横須賀芸術文化財団が、横須賀市との共催により隔年で行うものです。

大きな可能性を秘めたピアニストの未来のために

若手ピアニストに日頃の研鑽の成果を披露する場を提供し、音楽性を重視した審査を行います。また、参加者が将来に向けての課題を明確にできるよう審査委員との交流会を設けています。入賞者へはコンクール終了後も財団主催公演に出演する機会を提供し、継続的な支援を行っていきます。

地域の皆様とともに育む

期間中は、全てのプログラムを無料一般公開します。若手ピアニストだからこそ出来る“今”の演奏を聴き、客席から温かいエールをお送りください。地域住民の皆さまに参加・応援していただきながら、将来的に“世界に羽ばたくための若手ピアニストの登竜門”として広く認知されることを目指します。

人々に夢や感動を与える音楽文化を発信する

当財団は、次世代を担う演奏家をサポートする事業に長年取り組んでいます。本ピアノ・コンクールほか、「世界オペラ歌唱コンクール『新しい声 NEUE STIMMEN』オーディション」や「フレッシュ・アーティスツ from ヨコスカ リサイタル・シリーズ」などの開催が挙げられます。これらの事業を通じて横須賀ならではの音楽文化を発信していきます。

~ご挨拶~ 野島 稔(審査委員長)

野島 稔(審査委員長)

このコンクールは、2006年の創設以来、優秀な演奏家の発掘にとどまらず、参加者の皆さんが作品と深く対話し、音楽家としての自分と向き合い、長い音楽人生にとって更なる研鑽の場となるべく実施してまいりました。

中でも、本コンクールの特徴ともいうべく、第2次予選の課題曲であるベートーヴェンのソナタの全楽章演奏は、その最たるものとなっており、演奏家として大きく飛躍できる足掛かりとなることでしょう。また、今回より新たに聴衆賞を設け、聴衆の皆様とともに、若き演奏家を支援する体制を整えて参ります。

この度も審査委員には、ピアニストとして、あるいは指導者として名高く実績のある方々にお集まりいただいております。それぞれの見地から、将来性や音楽性、芸術性など、多角的に審査を行って参ります。

皆さんにとってこのコンクールが音楽家として成長するための糧となるように願っております。