ホーム > 育成事業 > 世界オペラ歌唱コンクール > NEUE STIMMEN「新しい声」とは?

コンクールについて

NEUE STIMMEN「新しい声」とは?

世界オペラ歌唱コンクール「新しい声」
〜成功へ続く道〜

 「新しい声」 は、ドイツ最大級の財団であるベルテルスマン財団が、世界中から集まる若い歌手たちに飛躍できる機会を提供し、 歌手としてのキャリアの道を開くことを目的として1987年から隔年でドイツにて行われているコンクールです。

 本コンクールは30年以上にわたり、次世代を担う有能な歌手たちが飛躍するためのステップとしての役割を果たしてきました。世界の優秀な歌手を発掘・育成し、コンクールの期間中だけでなく、マスタークラスや数々のコンサート、セミナー等を通して彼らに継続的で長期的な支援を行っています。

 2017年のコンクールでは、世界24都市で開催されたオーディションに76カ国から1430人の歌手が参加しました。世界的に有名な歌手のフランコ・ファジョーリ(03年)、マリーナ・レベカ(07年)、クリスティアーネ・カルク(07年)、ナディーン・シエラ(13年)等は、このコンクールからキャリアをスタートさせました。入賞しなくても、世界の有名なオペラハウスやエージェントなどと契約し、成功を収めている歌手を数多く輩出しています。

世界オペラ歌唱コンクール
「新しい声」の目的

  • プロの目に触れる!

    〜世界規模のオーディションから得られるもの〜
    「新しい声」オーディションはプロフェッショナルな環境で行われます。審査委員は将来性のある才能を探し求めています。この機会を活用しましょう。

  • 自信を手に入れる!

    〜長年のノウハウから得られるもの〜
    30年の実績がある「新しい声」では、国際的に有名な審査委員や経験豊かなピアニストやコーチが、やりがいのある、心強いアドバイスやサポートをします。

  • オペラ界の専門家たちと出会う

    〜国際的なネットワークから得られるもの〜
    「新しい声」は、世界のオペラの専門家たちと協力関係にあり、音楽ビジネス界とも緊密なつながりがあります。

  • 吸収して将来のキャリアにいかす

    〜長期的な支援から得られるもの〜
    「新しい声」は、マスタークラスやコンサートを行うほか、ワークショップ、キャリア設計やセルフ・マーケティング等個人的な指導の機会も提供しています。

今までの優勝者

1987年 ナタリー・シュトゥッツマン (コントラルト) フランス
1988年 イザベラ・ラブーダ (ソプラノ) ポーランド
1989年 ヴェッセリーナ・カサロヴァ (メゾソプラノ) ブルガリア
1991年 ソニア・ズラトコヴァ (コロラトゥーラ・ソプラノ) ブルガリア
1993年 マリナ・イヴァノーヴァ (ソプラノ) ロシア
1995年 グウィン・ヒューグ・ジョーンズ (テノール) イギリス
1997年 エテーリ・グヴァザーヴァ (ソプラノ) ロシア
1999年 ティナ・シュレンカー (ソプラノ) ドイツ
2001年 ブラク・ビルギリ (バス) トルコ
2003年 フランコ・ファジョーリ (カウンターテナー) アルゼンチン
2005年 マリア・ヴィルジニア・サヴァスタノ (ソプラノ) アルゼンチン
2007年 マリーナ・レベカ (ソプラノ) ラトヴィア
2009年 クウォン・エンユ (ソプラノ) 韓国
2011年 オルガ・ベスメルトゥナ (ソプラノ) ウクライナ
2013年 女性歌手 ニコル・カー (ソプラノ) オーストラリア
ナディーン・シエラ (ソプラノ) アメリカ
男性歌手 イ・ミョンヒュン (テノール) 韓国
2015年 女性歌手 エルザ・ドライジ
決勝での演奏[YouTube]

男性歌手 アナトーリ・シフコ
決勝での演奏[YouTube]
(ソプラノ)


(バス)
フランス


ベラルーシ
2017年 女性歌手 スヴェトリーナ・ストヤノーヴァ
決勝での演奏 ヘンデル「アリオダンテ」より"Scherza, infida"[YouTube]
決勝での演奏 モーツアルト「皇帝ティートの慈悲」より"Parto, parto"[YouTube]

男性歌手 チョ チャニ
決勝での演奏 ロッシーニ「セビリャの理髪師」より”La calunnia”[YouTube]
決勝での演奏 ヴェルディ「マクベス」より“Come dal ciel precipita”[YouTube]
(メゾソプラノ)


(バス)
ブルガリア


韓国

「新しい声」国際マスタークラス

 1週間行われるマスタークラスでは、選ばれた歌手たちが世界的な声楽家等の指導の下で、ボーカル・スキル、音楽表現、楽曲解釈に加え、セルフ・マネージメントや情報交換、インタビュー・トレーニングなど歌手として必要なスキルを磨いていきます。

 2018年マスタークラスは、ベルリンとギュータースローにおいて10月19日~27日に開催され、「新しい声2017」の本選参加者の中から審査委員が選んだ10名の歌手たちが参加し、ブリギッテ・ファスベンダー(メゾ・ソプラノ)やヴォルフガング・ブレンデル(バリトン)など著名な歌手ほか10名のエキスパートから指導を受けました。横須賀のオーディションからは、本選に進んだピジャーリン・ヴィリヤサックダーグン(タイ)も参加しています。

 マスタークラスは、ベルテルスマン財団のロビーにて行われるファイナル・コンサートで幕を閉じます。歌手たちにとっては文化界やビジネス界の代表を含む約350名の招待客を前にその才能を披露する機会となります。

マスタークラスの様子[YouTube]

「新しい声」マスタークラス

声と
個性のトレーニング

  • 歌唱と呼吸法

    厳選された楽曲と特別な練習法を用いて、響き、音色、自身の声の長所について学びます。プロフェッショナルな講師陣が、長年の経験ならではの様々な価値のあるヒントを与えてくれます。

  • 解釈と表現

    「感情を声に乗せる方法は?」「アリアを歌うときに自分なりの解釈をどのようにすべきか?」「“ひらめき”を聴衆に伝える方法は?」ファイナル・コンサートで歌いきるために必要なこれらの課題について、講師陣が指導します。

  • ボディー・ワークと
    メンタル・トレーニング

    心と体は一体です。経験豊富なトレーナーが、ステージの緊張の中でも自身の能力を呼び起こし、自身の実力を発揮して素晴らしいパフォーマンスを行うことができるよう、指導します。

  • セルフ・マネージメントと
    キャリア構築

    NEUE STIMMEN がもつ幅広いネットワークを用いて、自身のキャリアについてアドバイスを出来る人をご紹介します。関係構築方法や長所・短所の分析、音楽エージェント、オーディション、マーケティング等について、疑問にお応えします。